*****



「初めまして。本日よりお世話になります。津田島舞花と申します。よろしくお願いいたします」



私は三年の月日を経て、東京に戻ってきていた。


一年弱で福岡での支社が軌道に乗り始めたものの、常務は福岡を大変気に入ったようで"定年までここで働こうと思う"と宣言。


私一人で東京に帰るわけにも行かず、常務の定年を華々しく見送ってから戻ってきた。


当然、東京本社に戻った後は常務はいないため、私は副社長付きの秘書を務めることになった。


昇進と言えば昇進だ。三年間頑張った甲斐があったというもの。


懐かしい景色の中で、まだ若い四十代の常盤(トキワ)副社長に挨拶をした。



「津田島さん、今日からよろしくね。橋本常務から話はよく聞いていたんだ。仕事が早くてデキル子だって聞いてるから、期待してるよ」



常盤副社長は現会長の孫で、次期社長だと言われている有望株。


ダンディなおじ様で、とても優しいが仕事には厳しいと聞いている。



「恐れ入ります。ご期待に添えるように頑張ります。プライベートの部分でご迷惑をおかけしてしまうかと存じますが、よろしくお願いいたします」


「大丈夫だよ。山瀬さんもいるし、秘書課は優秀な社員が多いから皆でカバーしてくれる。私も出来る限りサポートさせてもらうよ」


「お心遣い痛み入ります」


「気にしないで。早速だけど津田島さんにメール送っといたから、添付したデータをまとめておいて欲しいんだけどお願いできるかな?」


「いつ使う資料でしょう」


「明日の午後イチ。大丈夫そう?」


「はい、問題ございません。かしこまりました」



秘書室に向かい、パソコンを立ち上げて仕事を開始した。