「……結婚したのか?」


「指輪無いの見てたでしょ?独身だよ」


「じゃあ、シングルマザーってやつか?」


「うん。そう」



歩きながらの質問攻めに、私は困っていた。



「……その子の父親は今どこに?福岡か?」


「……言いたくない」


「子どもができたら捨てられたのか?」


「違う、私が勝手に産んだの。相手は私が妊娠したことすら知らない」


「は……?何で言わねぇんだよ。その男はこの子の父親なんだろ?」


「……うん。でも私が勝手に産んだだけだから。それにその人は他の人のことが好きなのよ。私じゃないの。……だからいいの、私には仕事とこの子が一番大事」



きっぱりそう言い切ると、隼也は何も言えなくなってしまったらしくそのまま押し黙る。


沈黙が続いたまま、気が付けば寮の目の前まで来ていた。



「送ってくれてありがとう」


「あぁ。気にすんな」


「……夕飯食べてく?簡単なものでいいならすぐ作るけど」


「……いいのか?」


「うん。話したいこともあるし。……ちゃんと、謝らなきゃいけないこともたくさんあるから」



この三年間のことを、まずは謝らねばいけない。


そう思うと、自然と部屋に隼也を招いていた。