……誰かに、似てる。



舞花の子どもを見て、まずそう思った。


日本人にしては堀の深い顔立ち。相手は外国人か?


いや、でも髪の毛は黒髪だった。もし外国人ならもっと明るい気がする。


肌の色は舞花と同じで白いし、寝起きでもぱっちりとした二重はとても可愛らしいものだった。



相手とは付き合ってたわけじゃない。


しかもその男には他に好きな人がいた?


つまり、遊ばれたのか?遊ばれて捨てられたのか?



舞花は違う、自分が勝手に産んだだけだと言うけれど。


そんなの"はいそうですか"って理解できるほど、俺はまだ人間ができていないし、冷静にもなれない。


そう考えながら運転手に連絡し迎えに来てもらい、三年前と同じマンションに帰った。


少し冷静になろうと、洗面台で顔を洗う。


バシャ、と水を顔に浴びると、少し頭が冷えた気がした。


そのまま排水溝を見つめ、顔から滴り落ちる雫をボーッと眺める。


しかし答えの見えない問いばかりが頭の中を占めており、深い溜息を吐いた。


隣に置いてあったタオルで顔を覆い、水滴を取った後に自然と鏡に目を向ける。



───その時に、思った。