十七時過ぎに、託児所に隼輔を迎えに行った後。


目の前の道路には、見覚えのあるセダンが一台停まっていた。


それは昼間に見た隼也の車で。



「舞花、乗って」


「いやだからチャイルドシート無いから……え?」


「用意した。ほら、早く」



つい先ほどまでは無かったのに、今は後部座席にチャイルドシートがついていた。


驚きつつも、ここまでしてくれていたら断るのも申し訳ない。



「家すぐそこなんだけど……」


「いいから」



隼也に言われるがままチャイルドシートに座らせてベルトを止めた。


そのまま後部座席に座るように促され、隼輔の隣に乗り込んだ。


一週間前と同じく、部屋に招き入れる。


違うことと言えば、隼輔が起きていることだろうか。



「ままぁ、このひとだあれ?」



前回と全く同じことを言って私の後ろに隠れている隼輔を見て、少し笑えてきた。


隼也は困ったように笑いながら、ネクタイを緩めてシャツの袖を捲り、隼輔と仲良くなろうと必死に喋っている。



「俺、隼也って言うんだ」


「しゅーや?」


「しゅ、ん、や」


「しゅーうーやー!」



何度教えてもシュウヤと言ってしまう隼輔は、



「ぼく、しゅんちゃん!」



とドヤ顔で自己紹介をして隼也を笑わせる。