*****


「じゃあ、隼輔のことよろしくね」


「まかせて。帰りは夜中になっちゃうのよね?」


「うん。ごめんね。隼輔が寝た後になっちゃうから、明日の朝に迎えに来るよ」


「そうね。でも接待なら夜中まででしょう?そんなに急ぐ必要ないからちゃんと寝てから来なさい。昼過ぎでいいから」


「……ありがと。あ、これ、隼輔のオムツとか着替えとか好きなおやつとか、いろいろ入ってるから」


「わかった。心配しなくても大丈夫よ。何かあったらすぐに連絡するから、行っておいで」


「……ありがとう、お母さん」



隼也と再会してプロポーズをされた日から、一ヶ月が経過していた。


私と隼輔の生活は相変わらずで、忙しい毎日の中でもできるだけ様々な経験をさせたくて、休みの日はなるべく遊びに出かけたりしている。


そんな日常の中に、最近は隼也と出掛ける機会も増えてきた。


隼輔が喜ぶかな、と動物園や水族館、隼輔が大好きなヒーローショーを遊園地まで見に行ったり。


会うたびに隼輔にプレゼントを持って行くようになった隼也。その甲斐あってか最近では「しゅーや!しゅーや!」と会う日を心待ちにしているよう。