一ノ瀬先輩に彼女がいないのは、なんとなく予想できる。

もしいたら、他の女の子をバイクの後ろに乗せたり、2人で遊びに行くことはしないはずだから。


だけど──。



「……なんで、秘密にしてたんだろう」



そう呟いたが、ジューッとお肉を炒める音によってかき消され、母の耳に届かずに済んだ。


あの時、一ノ瀬先輩は朝日先輩の名前を出さなかった。


完全犬派の目黒先輩に黙っているのは納得できるとして、どうして中立派の私にまで?


まさか、お忍びデートだったとか……?

でも、楽しそうだっただけで、甘い雰囲気は全然なかったし……。


あぁダメだ。頭がこんがらがってきた。

来週、平常心で顔を合わせる自信がないよ……。