猫を飼う前は犬を飼っていたため、その時に使っていた柵を立てたのだが……軽々飛び越えてしまい、全く効果がなく。

それで猫用のを新しく買ったってわけ。



「そうなんだ〜。だから高い所から飛び下りても平気なんだね」



「猫ちゃんすご〜い」と感心している月香ちゃん。


確かに猫の身体能力はすごい。
自分の身長よりも何倍も高く跳べて、着地も綺麗。

だけど……。



「猫の運動神経もすごいけど、それよりも、あのトラ吉を手懐けたお兄さんがすごいなって思ったよ」



トラ吉がまだ保護猫だった頃、里親希望の人達と何度か対面させたことがあった。


しかしトラ吉は、毎回全力で拒否した。


顔を見ればそっぽを向き、触ろうとすれば逃げて、時にはシャーッと威嚇。

笹森くんも、顔を合わせた時に激しい猫パンチをお見舞いされたらしい。


このままじゃ譲渡ができない!

そう思って、少しでも人に慣れさせるために、お客さんを家に招いた。

けど、慣れるどころか嫌がり、余計悪化。


他の兄弟達が貰われていく中、生後半年を過ぎてもなかなか改善されず……。

結局最後まで残ってしまった。