◆◆零士side



市瀬さんこと、世蘭ちゃんと付き合い始めて、丸2週間が経った日のこと。



「一ノ瀬くん、おはよう」

「あっ、おはよう」



夏休み、第1回目の登校日。
教室でスマホに夢中になっていると、朝日さんが登校してきた。



「何見てるの? もしかして市瀬ちゃんの写真?」

「違うよ。誕生日プレゼント、何がいいかなって見てたところ」



彼女の顔の前にスマホ画面を見せた。


来月で17歳を迎える世蘭ちゃん。

付き合って初めての誕生日だから、これからよろしくねという意味も込めて、何かプレゼントを贈りたい。

それで今、色んなサイトを見て考えているのだが……。


これまで恋愛経験がゼロに等しかったから、何を選んだらいいのかさっぱり。全然わからない。



「朝日さんだったら何選ぶ?」

「んー、私なら、『誕プレ何が欲しい?』って聞いちゃう」

「直球で?」

「うん。でも、限定するんじゃなくって、手帳とかポーチとか、種類を伝えるかな。柄とか形とかは相手のセンスに任せる感じ」

「センス……」