──ドサッ。



固まった表情から一変し、キラッと輝いた笑顔。


あまりにも衝撃が強くて、持った袋を落としてしまった。


え、え、ええっ?
ベルを捕まえたのが、零士先輩?

ちょっと待って、今まで1度もそんなこと……。



「一体どういうことですか……?」

「ごめんね。なかなか言えなかったんだ」



先輩が言うには、剣道のお稽古を終えて帰っていたところに出くわしたのだそう。


ベルの写真を見た時、助けた猫とそっくりだったらしく。
私と交流していくうちに、名前や家の場所など、共通点が多いことに気づいた。

しかし、私の口からベル脱走事件の話を聞いたことがなかったため、確証が持てなかったという。



「聞いてくれれば良かったじゃないですか」

「ごめん。猫違いだったら申し訳ないかなと思って」



猫違いって……。

猫愛が強い、なんとも先輩らしい理由だ。



「あの時は本当にありがとうございました! あ、せっかくなら今連れてきましょうか!」

「ちょっ、やめてよ! また逃げたらどうするの!」



あっ、しまった……!