「いえ、今日はもう遅いですし。また後日、伺いに行きます。またね、世蘭ちゃん」

「……はい」



本性を露わにした私に、にこやかに手を振った零士先輩。


我慢しているのか、小刻みに肩が震えているような。

見事な神経質だことって笑ってるんだろうな。恥ずかしい……。


母と2人で荷物を抱えて、零士先輩を見送った。



「いやぁ、まさか同じ学校だったとはね。しかも部活まで同じだったなんて」

「うん。ビックリだよね」



姿が見えなくなるのを確認し、家の中へ。


お母さん、それだけじゃないよ。

実はトラ吉も助けてもらってるの。あと、将来の夢も同じなんだよ。

お父さんとも1回会ってて、実は数時間前にも会ってたんだ。


なんて言ったら、ビックリどころか、驚愕して腰抜かしちゃうかな。



「素敵な部長さんだったね」

「……うん」



優しくて。かっこよくて。

海みたいに広くて深い、心と愛情を持っていて。


本当に、私にはもったいないほどの素敵な人。



「いつでも連れてきていいからね!」

「…………うん」



キラキラ。ワクワク。
夕方に見た父と全く同じ瞳をしている。


似た者夫婦だなぁと、内心思いつつも。

思春期の娘の気持ちを考えて詮索しない、両親の優しさに感謝したのだった。