「同じ呼び方ですけど、漢字が違うんですよ」と説明する、元クラスメイトと現クラスメイト。


笹森くんはともかく、樫尾くんも知ってたのか。

新学期始まってまだ数日なのに。名前を覚えるのが早いんだなぁ。



「市瀬さんは何グループに入ってるの?」

「犬と猫です」

「え! 俺も猫グループだよ! 何の種類が好き?」



一ノ瀬先輩の瞳が輝き出した。


学校も部活も、猫が好きなのも同じな上、名字も似ている。

本当、すごい偶然だ。


盛り上がった後、猫仲間記念として連絡先を交換。

その流れで樫尾くんとも交換し、電話帳とメッセージアプリに新たな名前が2つ追加された。



「市瀬さん、気をつけてね。零士先輩、めっちゃ写真送ってくるから!」

「コラ、余計なことを言うんじゃない。っていうか、颯くんは何の用で来たんだっけ?」

「酷〜い! 同好会に入りたくて来たんですよ!」



腹を立てる笹森くん。

用事も終わったし、これ以上長居すると邪魔になりそうだから帰るか。



「今日はありがとうございました。お先に失礼します」

「はーい。また部活でね!」



手を振る彼らに頭を下げて部屋を後にした。


一ノ瀬先輩、ちょっとイメージと違ったけど、素敵な人だったな。

再会した記念とお礼も兼ねて、後でトラ吉の写真を送ろうっと。