けれど、1度この目で噛まれた痕を見ているため、安易に「やってみたら?」とは言えなかった。


だってもしケガしちゃったら、部活が楽しめなくなっちゃいそうだし。

それに、今作ってる家具もGWに間に合わなくなるかもしれないし……!



「ごめんね。せっかく楽しんでたのに」

「ううん! 私こそ、ふざけたこと言っちゃってごめんね」



謝り返した彼女の前髪の隙間から、下がった眉尻が見えた。


……いくら心配だからって、もう少し優しい言い方あったじゃん。

っていうか、ただ反応が気になっただけで、「やってみようかな」なんて一言も言ってない。

友達なのに、変に気を遣わせてどうするの。




「────ええっ⁉ これ1人で作ったの⁉」

「うん。これは去年の夏休みに作ったかな」



ホームルームが終わり、今度は月香ちゃんに写真を見せてもらった。


小さい引き出しが2つ並んだ木製の棚。
下にはキャスターがついていて、自由に動かせるらしい。



「あとね、これ! クリスマスケーキ!」

「わぁ〜! 美味しそう!」