話の流れに乗って、思いきって聞いてみた。

ドキドキしながら返事を待っていると。



「3月だよ。3月2日。友達からは、3匹の猫ちゃんって覚えられてる」



怪しむこともなく、すんなり教えてくれて、胸を撫で下ろした。

3月2日。3匹の猫ちゃんの日。
あとでメモしておこう。



「なんか可愛い覚え方ですね」

「アハハ。市瀬さんはいつ?」

「私は9月2日です。9匹の猫ちゃんです」

「えっ、俺の3倍なの⁉ いいなぁ」



羨ましがる姿が可愛らしくて、頬が緩んだ。

今回は動物関連のことじゃなかったけど……また1つ、先輩について知ることができたからいっか。



たわいもない話をしながら20分ほど歩き、別れ道の交差点に着いた。



「────あのさ、何か困ったことがあったら、いつでも相談して」



去り際、呼び止めるように口を開いた一ノ瀬先輩。

大きな瞳を数秒見つめた後、恐る恐る尋ねる。



「それは……部活以外のことでもいいんですか?」

「もちろん! 勉強教えてほしいとかでもオッケーだから!」

「っ……ありがとうございます」



小さく頭を下げ、くるりと背を向けた。


優しい笑顔と気遣いに感動して、声が詰まっちゃった。


ケンカに巻き込まれたから、部長として心配してくれているだけなんだろうけど……。

ほんのわずか、一瞬だけ──不覚にもときめいてしまった。