「今日から私はあなたの物です」

何を言ってるんだこいつは。


  ある雨の日、転がっていた男を助けた凛。持ち前の世話好きの性格からだった。
 名前すら聞かずすぐに送り出したが、それから少し経ってある男に呼び出された。 それが全ての始まり。

やたら綺麗な顔に泣きぼくろ。男前なのにどこかヤバくて溺愛が過ぎる男とのラブコメディ。

あらすじ


 会社の倒産により家政婦の派遣で繋いでいた凛は、ある日「専属で家政婦をお願いしたい」という話しをもらう。

 その相手は名前も聞いたことのない人。

 疑問に思いつつ家に行ってみると古風な大豪邸。そこにいたのは黒髪に涙ぼくろの男前。

 数日前、酔っ払って道端に落ちていたのを助けた男だった。その日から男の鬱陶しいほどの求愛が続く。

 クスッと笑えるコメディと、ときめきを。

この作品のキーワード
溺愛  イケメン  残念イケメン  小説家  変人  変態?