「お前のことですから、ミッシェル様のことは全部、緊急を要する重要案件なのでしょうね」

「もちろんですよっ。それ以外に〝重要〟で〝緊急〟なことはありません!」

アメリアは、元気いっぱいに言い切った。

すっかり同志として心許している彼女の赤薔薇色の目は、兄や家族を見るような輝きでクラークを映している。

クラークが視線を動かして、ざわっとなった周りを見た。それから、自分よりも低い位置にあるアメリアの顔に目を戻す。

「集中するとそれしか見えなくなるタイプなのが、よく分かりました。今のところお前の重要部分には〝淑女らしさ〟と〝婚約〟も含まれます」

「なんで婚約?」

一つずつ教えるように言い聞かされたアメリアは、愛嬌のある表情で首を傾げる。まるで普通の女の子みたいな様子だ。

しかし、またしても周りが一層ざわめいていた。

「――そういえばお前、まだ十五歳でしたね。私よりも五歳年下であるのを忘れていました」

「数ヵ月もすれば十六歳になりますよ」

「いえ、精神年齢は恐らくそれ以下です」

前世の記憶がいくらか蘇っているアメリアは、思わず「それ以下!?」と叫んでしまった。

クラークは一つ理解した様子で頷き、ひとまず確認する。

「堂々と入ってこられましたが、今、周りにいるのは全員〝男〟なのですが」

「ああ、私は気にしないので大丈夫です」