東矢は、都麦にとって全てが初めての人。
都麦の“青春”その物だ。

ごく自然に東矢が都麦の手を握る。
振り払えない。

“俺、都麦といると疲れる。もう一緒にいたくない”
あんな振られ方をしたのに。

別れた後立ち直るのに、あんなに苦労したのに。

「都麦、ごめんね。
あんな振り方して……」
「ううん。もう…いいの」
「結婚…したって聞いて、びっくりした。
旦那、どんな人?」

「とっても素敵な人。
穏やかで、優しくて、カッコ良くて……
あ!あと、過保護で心配性な人」
「フフ…」
「え?東矢くん?」
「都麦が俺に言ってくれたことそのままじゃん!」
「え?そ、そうかな?」

「なんか、嬉しいな!」
フワッと微笑んだ、東矢。

この笑顔だ。
都麦は、東矢のこの笑顔が一番好きだった。

でも…………
「東矢くん」
「ん?」
「私ね…」
「うん」
「東矢くんのこと、大好きだった」
「…………過去形なんだ…」

「今、幸せなの!
刹那さんのこと、愛してるから」
東矢を見上げ、微笑んだ。

「………“愛してる”か…」
「うん////」
「そう…
俺は……」
握っていた都麦の手を更に握りしめた。

「東矢くん?」
「………いや、何もない…」

「ねぇ!いい加減、手を離しなよ!」
そこに佐和の声が響いた。

「あ、ご、ごめん!」
「ううん」
それから、東矢も入れて四人で少し話をした。


東矢に家まで送らせてと言われ、断りきれずゆっくり歩いて帰っている二人。
東矢は歩きながら、さりげなく都麦を歩道の内側に誘導する。

「あ、たい焼き」
東矢が不意に言った。
「え?」
「ほら、よくたい焼き食べながら帰ってたよね?」
そう言って、和菓子屋を指差す東矢。

「あ、そうだね!
あの時食べてたのって、特大だったから私食べれなくて………」
「フッ!そうそう!俺が半分食べてあげてたよな~!
…………食べない?たい焼き」
「え?でも夕食前だし、帰ってご飯作らないと………」
「いいから!!
ちょっと待ってて!買ってくる!」
そう言って、和菓子屋に駆けていく東矢。

「え!?ちょっ…東矢くん!」