いつの間にか眠っていた刹那。
目を覚ますと、都麦が腕の中にいない。

ガバッと起き上がり、ベッドを飛び降りた。

バンッとドアを開ける音をさせ、キッチンに向かう。
「あ!おはようございます、刹那さん!」
「都麦!!」
突然、刹那に抱き締められる都麦。

「え?え?え?
ど、どうしたの?」
「腕の中にいなかったから……」
切ない刹那の呟き。
どこにこんな弱々しい声を隠してたのだろう。
刹那自身も、自分に驚いていた。

「ごめんね…昨日の夕食途中で眠っちゃったから、片付けと朝食作ってたの」
刹那の背中をゆっくりさする。

「つむちゃんといると、調子が狂う。
僕が僕じゃないみたい……」
「え?ご、ごめんね!
どうしよう。なんか私……刹那さんを困らせてる?」
「………ううん。違うんだ。
つむちゃんのこと、好きすぎて大変ってことだよ!」
腕を緩め、都麦の顔を覗き込んだ。

「そんなの……私の方が、好きすぎて困ってるよ。
捨てられないように、毎日必死なの!」
都麦も刹那を見上げ、両手で刹那の頬を包み込んだ。

「心配いらないよ?
僕はつむちゃんから、放れないし放さない。
だから安心して?」
「うん…」
自然と口唇が重なり、深くなっていく。

「ンンン……」
そこに刹那のスマホが鳴りだした。
「ンン…刹…さ……電話…」
「ん……僕に集中して……?」
「んんっ…ぷはぁ……」
「フフ…ごちそうさま!」
しばらく都麦の口唇を貪った刹那は、満足したように自分の口唇をペロッと舐めた。
そしてスマホを取りにいった。

自室でスマホを確認する刹那。
ここは完全防音で、外に絶対声が漏れない。
不在着信の名前“瞬作”の文字に、一瞬で雰囲気が闇に落ちたように黒く染まる。

「もしもし、なんだ?俺が家にいる時は連絡してくんなって言ったはずだ!」
『ごめんね。早川大臣から連絡があって、至急来てほしいんだって』
「は?また?」
『うん、今下に車回してるから来てよ』
「わかった」
刹那は、通話を切り一度大きく深呼吸をした。

恐ろしい雰囲気を消して、部屋を出た。