(ええっと……『すいません!補講の連絡忘れてました!』って………来ちゃったよ………)

いつもの水曜日の出張レッスン前。
インターフォンを押す前に、何気なく携帯を見たら、瑛実ちゃんから連絡がきていた。
もう二十分も前に、連絡をしてくれていたらしい。


(うーん、じゃあ帰…)
「晶葉先生」

振り向くとそこに、買い物袋を下げたユキさんが立っていた。

「すいません、補講だという連絡に今気付きまして」
「あぁそうですか。だったらお茶でも飲んでいってください」
「いえ、そんな」
「ザッハトルテ、食べたくないですか?」

一瞬ぱっと目が輝いたのを見逃さなかった。
ユキさんはクスりと笑って、私の腕を掴む。

「さぁさぁ、頂いてってくださいね」

そして私は、ユキさんに部屋へと連れていかれた。

ユキさんは、昂志郎さんと私が何かあった関係であることは、薄々感ずいているみたいだ。
何だか二人の間を、微妙に取り持つような立ち振舞いをしている。