生まれた時から決まっていた「運命の花嫁」。花嫁特有の「雌のフェロモン」を発する私は、その争奪戦からは逃れられない。


この世には普通の人と「特殊な能力者」の人がいる。

どの御代で生まれるか定かではないが、色々な能力を持っている通称「異能者」にとって何としても手に入れたいのが通称「花嫁」だった。
花嫁とは、普通の人間なのである。
しかし、生まれた瞬間から発するフェロモンは、雄のアドレナリンを高揚させる媚薬。その甘美なまでのフェロモンに誘われ、見事「つがい」と成れたなら、そのフェロモンは花嫁を介して自分の「能力エネルギー」に変換される。実質上能力者の頂点に立てる。
花嫁はいつどこに誕生するかは分からない。
生まれた国の能力者の雄にのみ、つがいとなれる権利が与えられる。文献ではハーフはギリギリ参加資格がある。
そして花嫁が16歳になった時、「成人の儀」が行われる。
それが争奪戦開始の合図である。
能力者異種争奪戦「縁(えん)定め(さだめ)の儀」
能力を問わず「異能者」と呼ばれるもの全てによる。花嫁争奪戦。
しかし実際は、能力の高い者しか参加ができない。なぜなら〝生き残れない〟からである。
一度「花嫁」が生まれた形跡はあった。
しかしそのフェロモンはすぐに「消えた」のだ。いままでありえない事である。
異能者は口々に「出生後すぐに死んだか」と噂していた。
それから16年。
生きていれば今年「成人の儀」が行われるはずである。
望みを捨てていない者は動き出していた。
「縁定めの儀」に向けて。


普通に高校生を送っていた京琥珀は、実は異能者達が求める「運命の花嫁」としてこの世に生を受けたのだ。
高校生まで隠してきた花嫁特有の「甘美な雌のフェロモン」は、転校生で異能者の雨辻由良の何気ない行動で、漏れ出てしまう結果に。
フェロモンが漏れ出てしまったことで、花嫁の存在が明るみに出る結果となり、異種能力者花嫁争奪戦「縁定めの儀」の幕が切って落とされた。

琥珀は由良の策略にはまり、異能の力と雌のフェロモンを解き放ってしまう。
異能の一族の中でも「名家」と言われる6つの名家から各一人づつ参加者が集結するが、力を開放した琥珀は異常に強く、苦戦を強いられる。

6名が力を合わせて、なんとか琥珀の力を封印させると、花嫁争奪戦のための「協定」が締結される。

あらすじ

普通に高校生を送っていた京琥珀は、実は異能者達が求める「運命の花嫁」としてこの世に生を受けたのだ。高校生まで隠してきた花嫁特有の「甘美な雌のフェロモン」は、転校生で異能者の雨辻由良の何気ない行動で、漏れ出てしまう結果に。
フェロモンが漏れ出てしまったことで、花嫁の存在が明るみに出る結果となり、異種能力者花嫁争奪戦「縁定めの儀」の幕が切って落とされた。

目次

この作品のキーワード
恋愛  学園  ハーレム  スーツ  バトル  ファンタジー  俺様  争奪戦  ドS  胸キュン