*

*






(…明日、先生の誕生日だしなぁ…何、プレゼントしよう?)


ケーキは作る予定。ケーキじゃなくて、シュークリームとかでも良いかも。
そこら辺は、明日先生に聞くとして…問題はプレゼントのこと。


バイトなんてしてないし…あまりお金、ないんだよね。どうしよう…と悩みながら、お店をまわっていると。




「あれ〜っ、侑華ちゃん?何してんの〜」


「あ、こんにちは、市川さん。…お仕事、休みなんですか?」


「ちょっと待って。断じてズル休みじゃないからね。」




…ズル休みだと、思ってた。すみません。
今日、金曜日だし…私はもう春休みに入ってるから、あれだけど、社会人には春休みとかないだろうから。




「出張の帰りなの、今。可愛い女の子に会えたら癒されるかな〜と思って、帰りに寄ったら正解だったね。」


「…相変わらずですね。」




あ、でも、そうだ…私、市川さんに何もお礼言ってないや。あのとき、最初に駆けつけてくれたの、お父さんと市川さんなのに。




「…あの、市川さん。」


「ん?何?デートの誘いなら喜んで受けたいところだけど、カズに怒られちゃうからダメだよ?」