漆黒騎士団はわりと見目が整った人物が多い。だが、印象に残るような整い方ではなく、どこにでもいるような見目の良さ。あまり目立つ容姿だと、潜入調査のときに相手の印象に残ってしまうからだ。
「あ、あの人、かっこよくない?」と街ですれ違う女性にちょっと噂される程度の見目の良さ。
 だから、シャンテルもちょっと可愛い程度の娘。街に出れば「ちょっと、あの娘。かわいくね?」って言われる程度の。
 残念ながら美しいという形容詞よりは可愛いが似合う容姿。もう少し年を重ねれば、美しい女性になるのかもしれないのだが。
 だけど、シャンテル自身はそれに気付いていない。いたって普通のどこにでもいる女性だと思っている。

「さて、シャンテル。昨日は潜入調査だったはずだが、どうやら決められた時間に戻ってくることができなかったようだね。私たちは君が相手に見つかってしまったのかと思って、焦っていたのだよ」

「すいません」
 すぐさま謝罪する。言い訳なんてしたら、この話が五倍になって返ってくる。ガレットからの話は素直に聞いて「はい」か「すいません」か「承知しました」で答えるにかぎる。
 それに今回のガレットの指摘はごもっとも。潜入調査がバレて相手に捉えられてしまう、という話はゼロではないからだ。