妊娠六カ月、お腹がはっきりと膨らんできた。赤ちゃんは元気いっぱいのようで、お腹の中でぽこぽこと動くのを感じる。

まるで早く出してと暴れているようだが、産まれるにはまだ早すぎるので、もう少し眠っていてねと手を当てる。

帯を胸の下から斜めに巻き、お腹を潰さないよう気をつけて着付けした。今日は仁と一緒に外出する予定がある。

仁は車で実家まで迎えに来てくれた。

「寒くはないか?」

気遣いながら助手席のドアを開けてくれる。十月の終わりにしては肌寒い日だ。

「大丈夫です。着物って暖かいから」

今日は淡黄の色無地に秋らしい楓が描かれた帯を締めている。

上品ながらもかわいらしいアップスタイルと、肌に合う優しいブラウン系のメイクは、菖蒲に仕上げてもらった。

メイクもヘアも自分でできはするのだが、姉がやると仕上がりがワンランクアップする。

これから京蕗家へ挨拶に向かうので、いつも以上におめかしをしている。

入籍だけは妊娠発覚直後に済ませたのだが、その後、椿のつわりが酷くなり、ご両親にきちんと挨拶できなかったのだ。だから今日が初めての顔合わせとなる。

「今日はいつも以上に愛らしい」