生きている中で、人は何度恋をするんだろう。特別な気持ちを抱くんだろう。

君を初めて見た時、胸がギュッと締め付けられるような感覚がした。そして心の中が温もりで包まれて、君の声を聴きたいって思った。

君に恋をしたんだ。何度目かわからない恋をした。

君がどんな人であっても、僕は君のことが好き。







目次

この作品のキーワード
全性愛者  無性愛者  大学生    アプローチ