重すぎる罪に、逃げ出したことを何度も後悔していた。

ちらつく火の粉はずっと燻ったまま消えることを知らず、あの日のままに私を焼き続けている。

理由は単純明快で、迷惑も承知の上。

いつかの罪を償いたくて、贖いの場を探している。

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

前垢で書いていた鬼麟のリメイクの続きです。
本来であれば前垢でするべきですが、前垢にログイン出来なくなってしまったため、新しく垢を作り直して書いていきます。
加筆修正を行っておりますが、誤字脱字等散見されたらすみません。
尚、不定期更新となっておりますので悪しからず。
読もうと思ってくださった方、読んでいただいた方、ありがとうございます。

あらすじ

転校生の女の子――篠原 棗には秘密があった。
その秘密故に不思議な魅力を持つ彼女には皆が惹かれ、その背中を守りたいと手を伸ばす。
棗はそれに罪悪感を感じながら、拒絶し切れない自身に苛立ちを覚えてしまう。
犯した過ちを償うべく足掻く彼女と、もう傷つかないでくれと願う彼ら。
囚われた過去から抜け出すための話。

この作品のキーワード
暴走族  女総長  逆ハー  総長  溺愛  美少女