「私も入ってきますね」

「ああ」

零士さんはソファーに座り、濡れ髪を拭きながら携帯をチェックしだした。
妙に色っぽいそれから目を逸らし、そそくさと浴室へ逃げ込む。
これくらいでどきどきしてしまうのって、私が男性に免疫がないから?
それとも零士さんが格好よすぎるから?

私がお風呂から上がったときには寝室に零士さんの姿はなかった。

「零士さん……?」

リビングをのぞくと、電話をしている零士さんが見えた。

「わるい、ちょっとトラブル。
先、寝てろ」

私に気づいた零士さんが、一瞬だけ会話を中断して声をかけてくれる。

「はい……」

邪魔をするのも悪いし、私にできることはなにもないので素直に寝室へ引っ込んだ。
ベッドに入った途端、眠気が襲ってくる。
零士さんを待ってなきゃ、とは思ったが結局、眠ってしまった。