温和(はるまさ)……」

 私の前で。喜多里(きたさと)先輩――川越(かわごえ)先生から私を守るように立ちはだかってくれている温和(はるまさ)に、そっと呼びかけると、私は彼の前に進み出た。

 そのまま川越(かわごえ)先生の真正面に立った私に、温和(はるまさ)が「音芽(おとめ)……」と気遣わしげに呼びかけてくれるけれど、私は温和(はるまさ)を振り返ってニコッと微笑んで見せた。

「大丈夫。私、大丈夫だから」

 あの時と違って、私には温和(はるまさ)がいてくれる。それだけですごく心強いの。
 だからね、私を信じて?

 それでも私に手を伸ばしてこようとする温和(はるまさ)を片手を挙げて制すると、私は川越先生をじっと見つめる。

「川越先生、私、全部思い出しました」

 全て思い出したと言いながら、敢えて「喜多里(きたさと)先輩」とは呼びかけなかった。

 そのことに彼女が気付いたかどうかは分からないけれど、そんなのは関係ないの。
 私の中での気持ちの問題なんだもの。

 喜多里先輩とのことは過去のことで、私がいま向き合うべき相手は目の前の川越先生だよ、っていう宣言。

「川越先生が昔、私のことを特別に思ってくださっていたのは……有難いなって思います。あの、もし……違っていたらごめんなさい。髪型も、私を(しの)んでくださってそうしてくださってるんだとしたら……そこまで私のことを思っていただけたの、素直に凄いな、そこまで想われるとか滅多にないことだなって思うんです」

 川越先生、昔は長く艶やかな黒髪だったはずだ。
 それが私の髪色に近い色に染め直されていて……髪型も、長さこそボブとショートボブと言う差異があれどほぼ同じ。
 そういえば高校生の頃、私は今より少し短めのショートボブだった。
 川越先生に、髪を指に絡められたのを覚えている。