温和(はるまさ)さんらしいメッセージ、しかと拝受いたしました!」

 ショッピングモール内のベンチ。

 人目もあるし、温和(はるまさ)に抱きつきたい衝動をグッと堪えて、わざとビジネスライクに言って彼を見つめたら、温和(はるまさ)が慌てて私から視線を逸らせるの。

「うるさいバカ音芽(おとめ)。そっちがその気なら、俺もお前のやつ見るからなっ!?」
 って、怒ったように言うの、ホント可愛い。

 私は別に見られたって恥ずかしくないもん。
「どうぞ、どうぞ♥」
 ニコッと笑ってそう言ったら「余裕綽綽(しゃくしゃく)でムカつく」ってつぶやかれて。

 私はそんな彼の様子に笑いがこみ上げる。

 ややして、自分が嵌めていた指輪の裏側を見つめていた温和(はるまさ)
「“Only you can make me happy or cry.”って……おまっ」

 何で私を照れさせる予定のあなたが、余計に照れるの?

 温和(はるまさ)が怒ったようにそっぽを向く仕草や、耳まで真っ赤に染めている様が本当に愛しくてたまらない。

 そう。そこに書いた通り。

「“私を幸せにできるのも泣かせられるのもあなたしかいない”よ? 温和(はるまさ)はそんな私のこと、“ムカつくくらい可愛い”って思ってくれてるんだよね?」

 温和(はるまさ)の顔を覗き込んだら、「知るか、バカ音芽(おとめ)」って吐き捨てられた。

 でもね、言いながら温和(はるまさ)が私の手をギュッと握ってくれたから、私はとても幸せです。

 温和(はるまさ)、お願い。私、ずっとずっと可愛いって思い続けてもらえるよう頑張るから……この先もこの手を離さないでもらえますか?

 大好きだよ、私のひねくれ王子様――!