「お前のせいで俺、昨夜は徹夜みたいなもんだったからな」

 お風呂上がり、小さくあくびを噛み殺した涙目の温和(はるまさ)に気付いて、「眠いの?」って聞いたら苦笑混じりにそう返された。

 さっきまで彼から漂っていたフローラル系のにおいはすっかり消えていて、いつも通りの柔らかな石鹸の香りを漂わせる温和(はるまさ)に、私は内心ホッと胸を撫で下ろす。

 私は彼のその言葉を聞いて、昨夜の自分の配慮のなさを思い出して恥ずかしくなる。

「ごっ、ごめんなさいっ。だ、だって……ほら。あ、でも……あれはっ。アナタが私のこと、抱かないって言ったから……」

 一生懸命取り繕おうと言葉を紡いだら、温和(はるまさ)に「まだそんなこと言うんだ」って恨めしげな視線を投げかけられて、語尾がゴニョゴニョと消え入りそうにか細くなる。

 そう。どんなに言い訳しても、温和(はるまさ)が、私の身体を気遣って痩せ我慢してくれたんだって気付かず、額面通りに受け止めて安心し切ってしまった自分のお子ちゃま思考回路が悪い。

「ごめ、なさ……」

 今度こそ素直に自分の非を認めてしゅんとしたら、温和(はるまさ)が小さく笑った。

「ま、その分、今日は取り戻させてくれるんだろ? えっと……なんだっけ――」

 そこで申し訳なさにうつむいていた私の顔を、あごを持ち上げて上向かせると
「……ふたりきりの時は愛されてるって実感をたくさん頂戴、だったかな?」
 さっき私が勢いに任せて告げたセリフを、まるで教壇に立っている時のような口調で繰り返して、ニヤリと笑うの。

「意地悪っ」

 頭のいい温和(はるまさ)は、覚えていなくていいことをしっかり覚えてくれている。
 我ながら何て赤裸々なおねだりをしてしまったの?と恥ずかしくなって、思わず温和(はるまさ)を睨んだら、
「俺は結構そそられたけどな」
 どこか嬉しそうにそうつぶやいて、不意打ちのように柔らかなキスをくれた。