******


「アイちゃん、今日も楽しい時間をありがとう」

「こちらこそ、お花までいただきありがとうございました。九重(ここのえ)会長」

松太郎(しょうたろう)と呼んでほしいと言っとるだろう?」

「二人きりじゃないと、恥ずかしくて……」

「心にもないことを言うのはやめんか」


言葉では叱りつけたが、九重会長の顔は笑っている。

わたしを指名してくれるのは、五、六十代の客が多く、遊び方とお酒のたしなみ方を心得ているひとばかり。ダラダラと飲んだりはしない。

その最もたる例が、国内最大手の家具メーカー『KOKONOE』の会長だ。
年齢は「ヒミツ」だと言って明かしてくれない和服の似合う好々爺。

彼とは、老舗和菓子屋の予約不可、店頭で並んで買うしかない、個数限定販売(しかもおひとりさま二本まで)の「栗ようかん」が縁で知り合った。

その日、わたしは早朝から並び、週末に会いに行く予定の祖母へのお土産と自分用に、運よく最後の二本を購入。浮かれ気分で会計をしていたら、慌てた様子の九重会長が現れた。

ようかんの切れ端だけでも残っていないだろうかと、店員に訊ねる様子が気になって事情を伺うと、ここの「栗ようかん」は亡くなった奥さまの大好物。月命日には、自ら並んで買い求め、お供えするのが習慣なのだという。

しかし、今朝は全寮制の学校に通う孫娘を始業式に間に合うよう、送って行かなくてはならなかったため、並べなかった。

あまりにもガッカリしている様子が気の毒で、自分用に買い求めた一本を譲ると申し出たところ、九重会長は涙ぐみながら、何かお礼をさせてほしいと言い出した。

そんな必要はないと何度も言ったのだけれど、簡単には引き下がってくれず。
とりあえず、「お店に飲みに来てくれたら嬉しい」と名刺を渡し、期待せずにその場をあとにしたのだが……。

その一週間後。
九重会長は店を貸し切りにし、たくさんの友人――名だたる企業のお偉いさんたちを従え、現れた。

ママから、その正体は大手家具メーカー『KOKONOE』の会長だと聞かされて、腰が抜けそうになるほど驚いた。

以来、義理堅い九重会長は、公私共に『Fortuna』を利用してくれて、わたしの一番の太客だ。


「今度、ベルギーに出張に行く予定だから、チョコレート持参でまた寄らせてもらうよ。アイちゃんは花より団子。チョコレートの方が好きだろう?」

「バレてました?」

「段ボール箱いっぱいのチョコレートを買ってくるよ」

「楽しみにお待ちしております! おやすみなさいませ」


迎えの車に乗り込む会長に、深々と頭を下げ、車が通りの角を曲がって見えなくなってからようやく頭を上げる。


(さてと……)