******


タクシーを降り、スーツケースとスーパーで買い込んだ食材を詰めたエコバックを左右の手に携えて、思わず溜息を吐いた。


「……はぁ」


地元の空港まで、車で二時間半。
そこから飛行機で一時間。
乗り継いで、さらに一時間半。
空港から、最寄りの駅までリムジンバスで一時間。
駅からタクシーで十五分。

ほぼ半日を移動に費やしたいま、サビついた急な階段を二往復する気力はもはやない。

スーツケースを引きずって階段を上り、ぜえぜえ言いながら頼りないシリンダーキーで、薄っぺらい玄関ドアを開ける。

体当たりでもあっけなく開きそうなドアに鍵がついているのは、気休めだ。

築ウン十年のボロアパートの住人は、空き巣が狙う財産なんて持ち合わせていないとわかりきっている。

二週間も留守にしていたせいで、部屋の空気が淀んでいた。
締めきっていたカーテンを開けたついでに、窓も全開にする。

その向こうに見えるのは、ステキな景色……なんかではなく、ゴミと落書きに彩られた裏路地。

唯一、このアパートの良い所を挙げるならば、日差しを遮る建物が目の前にないことくらい。
かつて、ここと同じくらい古いアパートが建っていた土地は、更地のまま長年放置されている。

その光景が、何もない自分に重なって見えた。