『本日よりエマお嬢様の執事となりました。ハヤセ、と申します』



高校1年生、2学期。
7人目の執事が去ってしまった朝。

パンを片手にジャムを塗っていたわたし、柊 エマ(ひいらぎ えま)の前に現れた1人のSランク執事。


そんな若きエリート執事は、名前を早瀬 真冬(はやせ まふゆ)という。



『今までの執事と俺を比べないこと、約束です』



こんなわたしに優しく笑いかけてくれて。

いつも心配してくれて、そっと絆創膏を貼ってくれるような、誰よりの味方でいてくれる人。


それから色んなことがあって、それを乗り越えたあとは───



「おはようございますエマお嬢様。今日は自分で起きれましたね」


「おはようハヤセ!そーなの!わたし頑張って目覚まし1回で起きたんだよっ!…ねぇハヤセ、ハヤセっ、」



わたし達は執事&お嬢様であると共に、恋人同士?にもなりました。



「…ならどうすればいいか分かるよな?エマ、」


「っ、マフユ、…して…?」


「───よく出来ました」


「んっ…!んんっ、ひゃっ、それだめ…っ」



それからそれから高校2年生、秋。

実は俺様な専属執事と、甘い甘い秘密の激甘スクールライフが始まっちゃったりして。