高校2年生、2学期初日の朝。

それは執事vsわたしの譲らない対決から始まっていた。



「今日からスカートにするのっ!」


「駄目です」


「もう高校2年生だよわたしっ!廊下もあまり走らないようにするから!」


「そういう問題ではありません」



これを20分は繰り返して今。

せっかくいつもより早起き出来たというのに、結局は変わらない登校時間となりそうな予感。



「もうハヤセっ!お嬢様の言うことが聞けないの?」


「…わかりました」


「えっ、ほんと!?」



さっすが専属執事っ!

Sランクのあなたならば拒否なんか出来ないはずだ。



「ですが、ニーハイではなくこちらを下に履いてください」


「……」



どこから出したの、そのスパッツ。


どこで買ったの。
まさかずっとずっと用意してたり…?

ねぇ変態執事さん。



「嫌だって言ったら…?」


「スカートは履かせません」


「もーー!!ハヤセっ!いじわるだよ!」



スパッツも履かないっ!ニーハイもやめる!

けど、スカートは履くっ!


そう伝えるように首をぶんぶんと横に振った。