『またね、優海ちゃん』

 数日前、笑顔で別れた許婚が突然消えた。


 だけど……突然私の前に現れたよく知る人物。


  「はじめまして、南見 周寧と申します。兄に代わり、婚約者になりました」


  その人は、学校イチの人気者で許婚だった人の弟だった。



  一途なクール御曹司 ほんわか箱入り娘
    南見 周寧 × 小桜 優海
   Amane Minami Yuumi Kozakura



 「兄にはなれないけど、絶対にしあわせにしてみせます」



   初会話からそんなプロポーズみたいな言葉……!?



  「優海先輩、ご飯行きましょ?」

「優海先輩、今日は一緒ですね!」



子犬みたいで守ってあげたくなるタイプだなぁと思ってたのに、



  「一生かけて幸せにできるような立派な男になるから」



急にかっこよかったり……。




「俺は、優海先輩のことがずっと好きだった」

「優海先輩って、可愛い」

「俺とキス、してみる?」



……たまに甘すぎて、酔いそうです。




  
  

あらすじ

主人公の小桜 優海(こざくら ゆうみ)は、大企業社長令嬢のほんわか癒し系女子で愛されて育った。高校卒業したら許嫁で大学生・南見 織央(みなみ りお)と結婚予定。なのに織央がいなくなってしまった。婚約はどうなったの……と思っていたのに、許嫁の弟で学年は一つ下の学院イチの人気者・南見 周寧(みなみ あまね)と婚約することになる。相手も嫌々だろうなと思っていたのに、なぜかグイグイ迫られてる……!?

この作品のキーワード
許婚  婚約者  年下  御曹司  一途  甘々  溺愛  #書籍化教室  ベタ惚れ