週末、学校がない土曜日のこと。朝からソワソワしていた。


「優海様、ジッとしていただけますか? 楽しみなのはわかりますけど」

「っはーい……でも、今日は初めてのデートなのよ? 仕方がないじゃない」


 嬉々は、呆れ顔のまま私の髪をヘアアイロンで内巻きと外巻きのランダムにして編み込み風のハーフアップさせた。


「嬉々、この服で大丈夫かしら。なんか……気合いが入ってるみたいじゃない?」

「大丈夫ですよ。とっても可愛いです」


 今日は、アイスグレーのニットにふんわりした白のチュールスカートを履いた。

 織央さんの時は、大人な感じの背伸びしていた服装だったからこんな格好久しぶりで反応が怖い。


「さあ、できましたよ。リビングに行きましょう」