若き海運王 × 航海士の娘(船上コンシェルジュ)

十五年越しの初恋がいま、動き出すーー......


* * *


若き海運王と呼ばれる鳥海海運の御曹司、
叶途(カナト)は、十五年前の夏にシンガポールで出逢い
結婚の約束をした少女のことをいまも求めている。

だが、運命のイタズラか彼女は実父の死後、
母の再婚でライバル企業の社長令嬢になっていた。

そんな若き海運王の初恋の相手であることを
すっかり忘れている彼女、祭花(マツリカ)。
航海士だった父の死の真相を知るべく
アメリカの鳥海海運の孫会社に就職していた。

入社半年、海上コンシェルジュとして
マルチリンガルな特技を生かし活躍したことで
豪華客船ハゴロモの添乗員に抜擢されるマツリカ。

お忍びで若き海運王が来ているという情報を耳にし、
彼と接近できないかと考えていたが、
逆に彼に名指しで呼び出され、スパイ容疑まで?

「貴女がスパイだと疑っている人間は
俺の側近のなかにもいる。
彼らを納得させるためにも――……俺の、恋人になれ」

マツリカは彼とともに
父親の死の真相を探る代わりに
豪華客船ハゴロモの南太平洋クルーズの
期間限定の恋人になることに。

だけどカナトはほんとうの恋人のように
マツリカを扱うから、
ウブな彼女は翻弄されっぱなし!
最後まではしないと言いながら、
カナトはマツリカに甘く切なく迫っていく。

さてはて、若き海運王はこのクルーズが終わるまでに
初恋の彼女にすべてを思い出させて
花嫁に迎えることができるのか?

あらすじ

ヘタレ一途なヒーローと忘れっぽいヒロインが繰り拡げるトロピカルでミステリアスな年末年始の恋の豪華客船クルーズ。
作者は海外旅行経験皆無、妄想をワールドワイドに書きました!
一緒に楽しんでいただけると嬉しいです。

この作品のキーワード
海運王  溺愛  初恋  恋人契約  クルーズ船  ミステリ風味  結婚初夜  蜜月旅行  切ない  大人の恋