高野さんがいなくなってから4年が経った。

日輪病は薬が改良され、発病しても生きることができるようになった。

「優、できたよ!」

「お、早いね。見せてみて。」

俺は大学生になった。

そして、家庭教師のアルバイトをはじめた。

俺の生徒は、少し生意気な中学1年生の男の子だ。

「全部あってるだろ?」

「惜しい、半分あってる。」

「まじかー。てか、全然惜しくないし。」

「前は1問も解けなかったんだから、すごく成長してるよ。」

「だろ?」

「そういえば、テストどうだった?もう帰ってきた?」

「うん。いつも通り酷い点数ばっかなんだけど…。」

「ど?」

「英語だけ、めっちゃいい点とれた。」

「本当?!」

「おう。最高の点数だぞ!」

「見せて!」

「ジャーン!!77点ラッキーセブン!!」

「…すごい。なにか、いいことあるかもね。」

「なんで優、少し笑ってんだよ。」

「いや、ごめん。俺の大事な人に、同じことを言ってた人がいたからつい…。」 










ひまわりは常に太陽の方を向いている。



どんなに苦しくても、辛くても、前を向いている。



俺は、そんなひまわりのように生きたい。

この作品のキーワード
難病  ひまわり  高校生