俺はロッカーの傍に佇む美咲を見つけて声をかける。


「美咲、待たせて悪いな。」


「まったくウチを待たせるなんて良い度胸してるな!」


俺は淡々と授業をこなしてこの放課後を待ったんだ。


結局アキと話すことは出来なかった。
たった二日ばかり話す時間が無いだけで俺はおかしくなりそうだ。


「トマト……秋穂ちゃんの事で何かあったんでしょ?」


「……バカ言ってんじゃねえよ、早く行こうぜ。」


素直に助けろと言えれば俺も可愛いのかもしれないが、どうしても強がっちまう。


「はあ……待て待て、どこに行くか何を見たいのかも決めてよ!」


「そういやそうか。美咲が決めろよな、お前の方が詳しいだろ。」


それに俺はまたこの街に越して来た身だから土地勘も無い。


「ウチの友達から聞いたんだけど、良さげなショップが近くにあるらしいよ。」


「ほう……よくやった。そこに行ってみるか……。」


俺はまだあの胸騒ぎが身から離れてないが、今は気にせず美咲と楽しむしかない。


お互いたくさんのプランを言い合ってその場で盛り上がる。


やっぱ美咲と話すのは気楽だ。