翌日の土曜日、放課後。
 案の定、千絵は真人くんとデートだと言った。自転車を一度家に置いて、お昼ご飯を食べてからの待ち合わせらしい。彼の私服姿が楽しみだと浮かれていた。


「まーりちゃんっ」
 校門を出てすぐ目に飛び込んできた(はじ)けた笑顔に、私の目が(はじ)け飛ぶ。

「ゆ、優也くん!待ち合わせ、駅だって言ってなかった!?」
「なんかすんげえ早くホームルーム終わったから、待ちきれなくて来ちゃった」

 額に滲む汗、前後に動く胸板。自転車を飛ばして来たのだろう。

「駅前のコンビニで、涼んでいればよかったのに」

 ハンカチを渡す。彼は「やっさしー」と言って素直に受け取った。

 第二ボタンまで開けた半袖シャツから覗く、きらきら光る鎖骨。

「だって、一秒だって早く会いたかったんだもん」

 眩しすぎる笑顔に、私は目を細めて笑う。