晃輝が会いに来て、私が返事をしてから1週間――。


できるだけ早い方がいいだろうということで、私と晴輝は晃輝の大きな家に引っ越してきていた。

そして、あっという間に婚姻届を提出し、私は晃輝の妻になった。



「晴輝、パパとお風呂に入ろう」


「あいっ」



小さな手を精一杯上げて返事をする晴輝はとても可愛い。


初めは環境が変わることで晴輝も慣れないかと思っていたけれど、そんなことは杞憂に終わりのびのびと過ごしている。


変わった生活に慣れていないのは私の方だ。


それに、今まで全てをひとりでやっていたせいもあり、すぐに懐いた晴輝を取られたような感覚になってしまう。


晃輝に悪気がないことは分かっている。

育児も率先してくれるし、家事もできるから良い旦那だとは思う。


だけど、それがますます私の居場所をなくしているように感じてしまった。



「雪音、ご飯の片付け頼んでいいか?」


「う、うん」