☆桜牙side☆


「ったく、亮。
 俺の顏を蹴るなよな」

寝相悪すぎのガキ二人に
川の字で挟まれ、
文句タラタラな俺。


「優はすぐ布団から出てくし。
 何度、掛け直させるんだよ」


優の下に丸まってる掛布団を
引っこ抜き、
もう一度かけなおす。

2人が熟睡したのを確認して、
布団から抜けだした。


ついに来てしまった。
この時間が。

俺が璃奈の部屋に入る
夢みたいな時間が……


軋む廊下を、なるべく音を
立てないように歩く。

亮たちが起きた時点で
タイムアウト。

大好きな女との
二人だけの時間が
消えてなくなったら、

涙が似合わない俺が泣くこと
確実だわ。