幼なじみへ密かに恋心を抱いている私はある日、衝撃の事実を知る。


「―――コウくん!好きな人がいるの!?」


「……めんどくさ。存在が邪魔」

「勝手に泣いとけば?」

「うるさい」


騒ぎ続ける私に毒を吐くコウくん。

それでも私はめげませんっ!


「好きな人を教えてよ!名前が無理ならどんな人かだけでもいいから!ね?お願い~!」


妥協してコウくんが出した条件は


”コウくんが好きな人の情報を1つ教えるごとに、私も同じように情報を開示すること”で……。



冷静沈着で人嫌いのモテ男子

×

感情豊かで密かに人気のある鈍感女子



温度差カップルの甘い物語。


目次

この作品のキーワード
幼なじみ  甘々  クール  鈍感  モテモテ  可愛い  ベタ惚れ  読者投票21