宮崎県内にてテレビ放映(全国にて配信)中の
特撮ご当地ヒーロー番組「日神ジャスティオージ」。

その物語が産声を上げるまでの軌跡。
本編で活躍したキャラクターたちの記憶。

大善が、石上が、卑弥呼が、ユタカが・・・。
テルヒコ(日神オージ)が―。

クラック(亀裂)し展開、各時代、世界に
飛散する物語を熾烈に、強烈な色彩で彩ったキャラクターたちの
神秘に包まれた記憶の真相を解き明かす外伝ストーリー。

第3期となる未来記編(100年後)にもつながってゆく
衝撃の「誕生の秘密」が記された
本エピソードを見ずして、この物語(本編)は語れない!
そんなストーリーになっています。

伝承の最奥にある真実。
そこでほほ笑むのは、天使か悪魔か
創世の神か。

(表紙イラスト・小林ユキト)

後日ラジオドラマ化予定!※イラストはアマテライザーを持つテルヒコとユタカ


~あらすじ~

古代日本は消えた幻のクニ邪馬台国に秘匿された鏡、アマテライザー。
神秘の鏡の力に導かれた記憶を失った青年テルヒコ(海照彦)は人々を守るべく
突如としてその力を体現させた日神(にっしん)へと創聖(そうせい)し
迫りくる闇よりの使者(マガツカミ)を打ち祓うのだった。

失踪中の祖父大善の残した古文書など手がかりをもとに行動を開始したテルヒコは
自らの失われた記憶を探し人々を闇の巨大組織クロウの手より護るため
地域のNPO法人地方創生プロジェクトを運営する女性、ひなたと共に
表向き(ジャスティオージ/ひなた命名)というご当地ヒーローを名乗り
そのイベント事業の影に隠れ戦うことになる。

鏡のほかに存在していた剣(リューグレイザ―)、勾玉(サクヤイザー)という
三神器を手にする戦士、リョウとハナという仲間を得たテルヒコは
忽然と彼らの前に現れる卑弥呼と、鏡に封じられた謎の女神、
ユタカ(アマテラスに関する力を持つ2人の女性)
らの声に呼ばれ、次々と現れるマガツカミたちと無軌道なバトルを展開してゆくのだった。

青年は自らのうちに眠るパワーと闘いの先に何を見るのか-。
この小説は、その謎の真相を密かに書き綴ったものである。

あらすじ

古代日本は消えた幻のクニ邪馬台国に秘匿された鏡、アマテライザー。
神秘の鏡の力に導かれた記憶を失った青年テルヒコ(海照彦)は
忽然と彼の前に現れる卑弥呼と、
鏡に封じられた謎の女神、ユタカ(アマテラスに関する力を持つ2人の女性)
らの声に呼ばれ、次々と現れるマガツカミたちと無軌道なバトルを展開してゆく。
青年は闘いの先に何を見るのか-。
この小説は、その謎の真相を密かに書き綴ったものである。

目次

この作品のキーワード
アマテラス  九州  日本神話  歴史  ヒーロー  伝説  ヒロイン  伝記ロマン  卑弥呼  ファンタジー