明日は婚約届けを出す約束の日。


結婚式なんて立派なものはできないけど、せめて今夜くらいは一緒にいたかった──。



なのに私のイケメン婚約者さんは平然と現れて。


「俺のお姫様は、なんで泣いてるの?」


そう言って笑うあなたが……世界で一番、なによりも大好きなんです。


こんなサプライズ聞いてない……!




目次

この作品のキーワード
恋愛  結婚  ウェディング  イケメン  溺愛  婚約者