「すごい、ここがベネツィアの観光名所……」

 目を輝かせながら興奮の声をあげる。  
 目の前にはテーマパークでしか見たことのないような西洋の建物が並んでいる。ここはサン・マルコ広場と呼ばれ、世界遺産にも登録されている『世界一美しい広場』だった。


 そう。
 私は今、かの有名なシェイクスピアの小説『ベニスの商人』でもお馴染みであるイタリアの都市、ヴェネツィアへやってきているのだ。

 もちろんただの観光ではなく、撮影ーーつまりロケのためだ。
 玲二の置き手紙に大慌てで荷造りをした私は彼の帰宅後、早急に問い詰めたのだが。


『ルナトーンの新作コスメの広告やCM、PVはすべてヴェネツィアで撮ることになった。明日、飛行機に乗ってあっちに行くから今日はさすがに抱けねえな』


 などとほざいており、拳を握りしめたことは記憶に新しい。