「んだよ! 用心棒付きじゃとか聞いちょらんぞ!」

 男が負け惜しみのようにそう喚いたところでようやく警官が到着した。


 俺は〝まだ〟何もしちょらん!だの何だの言い訳をするのを「まぁまぁ」となだめられながら連れていかれる男を追って人だかりも野次馬たちの視線も、その男と共にそちらに流れていく。
 それを見届けて周りが静かになった頃、実篤(さねあつ)は背後に立ち尽くしたままの女の子に向き直った。


「……大丈夫?」

 なるべく優しく声をかけたつもりだけど、その子はビクッと肩を震わせて実篤(さねあつ)を涙目で見上げてくる。

「災難じゃったね。怖かったじゃろ。駆けつけるのが遅ぉーなって悪かったね」

 何とかその緊迫した空気をやわらげてあげたくて、実篤(さねあつ)はつとめて静かな声音で語りかけた。

 内心、怯えた目をした女の子の可愛さに相当やられつつ。

 そうして同時に思っていた。

 ――この子、何か〝既視感ある〟んじゃけど、と。