かつて文豪(ぶんごう)・夏目漱石が「I Love You(あいしてる)」をそう訳したというエピソードは結構有名だ。


(くるみちゃん、まさかそれを知っちょって……?)


 などと思うのは自惚れが過ぎるだろうか。
 そう思う反面、もしそうならば……とも期待してしまう。

 その場合OKの際の常套句は二葉亭四迷の「Yours(死んでもいいわ)」だが、そう返すのは、男として何か違うじゃろと思った実篤(さねあつ)だ。

 少し考えて、実篤は「くるみちゃんと見る月じゃけぇ」と応えてみた。
 これからもずっとずっとくるみと月を見ていたい、一緒にいたいという気持ちを込めたつもりだ。

 だが、変化球が過ぎたのだろうか。実篤の言葉に、くるみがピクッと肩を跳ねさせて、不安そうにじっと実篤を見詰めてきた。

 その表情を間近で見て、実篤は覚悟を決める。


「……あんね、くるみちゃん。もぉ気付いちょるかも知れんけど……俺、キミのことが好きなんよ。もし――もしも嫌じゃなかったら、その、……お、俺の彼女になってくれん?」

 実篤がそう言ったと同時、くるみがポロリと一粒涙を落として、嬉しそうに微笑んで、ギュッと実篤に抱きついてきた。


「実篤さん、凄い(ぶち)嬉しい! うち、もう(はぁ)〝死んでもええ〟わっ」


 言われて、「いや死なんといて!」と思わず眉根を寄せたら、「物の例えですけぇ」とクスクス笑われた。

 実篤はくるみのその顔が、とても可愛いな、と思った。