リビングに戻ると、まるで学校の面談かのような面持ちでみんなが座っている。

「で、なんかあった……?」

私がとぼけてそう話すと、お母さんはマシンガンのように喋りはじめた。

「なんかあったじゃないわよ! がんばりなさいとは話したけど、まさかこんな大事だったなんて‼ お兄ちゃんから聞いたとき、卒倒しそうになったわよ! ほんとうにもう!」

「あ、ごめんなさい……」

お兄ちゃんに助けを求めようとしたけど、お兄ちゃんが頭を振った。

「俺もさ、友達からの連絡で知ったんだよ。『これ春菜ちゃんだよな⁉』って。同じ小学校や地元のツレから連絡きっぱなし。春菜もそうじゃないのか?」

青龍杯の配信、そんなに影響があったんだ。
そういえば、全然スマホ見てなかった……。

スマホのスリープを解除する。

[新着通知121件]

「――は? なにこれ!」

「見てなかったのかよ。前の地元の人達、家にまで電話かけてきたぞ」

「うそでしょ⁉」

お母さんはため息をつく。

「嘘じゃないわよ。春菜ちゃんすごいわね、有名人になったわね、ソウマさんのサインいただける? なんて言われるんだから、お母さん困っちゃったわよ」

こんなに騒ぎになってたなんて……。

「ごめんね……。でも、ちょっと前に色々あって、どうしてもこの大会には出たかったの」

お母さんは私の隣に座る。

「謝らなくてもいいのよ。あなたはすごいことをしたんだから。でもね、もう少し頼ってくれてもいいし、相談してくれてもいいんだからね」

きっと炎上のことを知って、心配をかけたのかもしれない。

「うん。ありがとう……」

やっぱりお母さんにはかなわないな。

じーんとしていると、今まで黙っていたお父さんが口を開いた。

「……で、どうするんだ。これから?」

「どうって、なにを?」

「プロゲーマーになるのか?」

いつの間にか、アタックウォリアーズに夢中になっていた。
それに今回のことは、ヤマトが信じてくれた私でいたかったから。
ヤマトの気持ちに応えたかったから青龍杯に出た。
これからのこと……なんて考えてもいない。

「……そんなことまでは考えてなかった」

私がそう言うと、お兄ちゃんは苦笑いする。

「春菜、お前あんな大きな大会で優勝したのに、そういうつもりじゃなかったのか。青龍杯見ながらさ、これから家族でどう春菜を応援していくかまで会議してたのに」

「まぁ、春菜らしいわよね」

お母さんはそう話すと、笑いながら台所に向かった。

「これからのことはゆっくり考えたらいいじゃない。とにかく、今日はお祝いね! 家にあるものだけど、ごちそう作るわ」

その言葉を聞いただけでお腹がぐぅと鳴る。

「母さん、大会のとき叫びまくってたんだよ。アタックウォリアーズってルールがシンプルだから熱中しやすいな。近所迷惑になりそうで怖かったけど」

その姿を想像すると、笑えてくる。
みんな、応援してくれてたんだ。

「お兄ちゃんも、お父さんもありがとう」

お父さんは「ん」と小さな声で返事したあと、続けた。

「ところでだな、ヤマト……という青年とは付き合っているのか?」

「ちょ、なに言ってるの! まだそんなんじゃないよ!」

「……まだ?」

「あーもう! 年頃の乙女にそんなこと聞かないで!」

お兄ちゃんはニヤニヤして私の話を聞いてる。ムカつくっ!

「春菜、色々詮索するような連絡来るけど、全部適当に誤魔化しとくからな」

「と、とりあえずそれでお願い」

私のスマホにも、今話している間にもどんどんと通知がきている。

どんな内容が来ているのか考えると、楽しみなような、少し怖いような、不思議な感覚だった。