「たださ、新菜のことよく思ってない女子が増えたと思うんだよね。アタシはそこが心配」

「ひな子ありがと。大丈夫だよ、こうやって髪を金髪にして、そしたらみんなの態度が変わったのも事実だし、始めから良くなんて思われてなかったんだから」

「新菜、でもさ……」

「大丈夫だよ。新菜に何かあったら俺の責任だ。そこはしっかり守るから」

「……蒼生くん」

『守るから』

 蒼生くんの言葉にドキッとしてしまう。

「……」

 それは本当の言葉じゃないと、偽物の彼女に向けての言葉と、わかっていても。