「それでは、琴音と今日から同居のお祝だな…乾杯。」


駿はワイングラスに白ワインを注ぎ、グラスを持ち上げた。


「これからお世話になります。よろしくお願いします。」

私はグラスを持ち上げて、頭を下げた。

すると、駿はグラスのワインを、ゴクリと一口飲み込んで微笑んだ。

駿の微笑んだ顔を見ると、急に心臓がうるさく鳴りだし、顔が熱くなる。
こんなにも素敵な駿と、同居なんて心臓が持つのだろうか。

スーパーマーケットで購入したチーズの他に、私はアスパラをぐるぐるとベーコンで巻き、カリカリになるまで焼いたおつまみも作っていた。胡椒を効かせた、大人の味付けだ。

駿はアスパラのベーコン巻きを、パクリと口に入れて、口角を上げる。


「美味い!琴音は本当に料理が上手だな。こんなに美味しい食事が食べられるなんて、僕は幸せ者だな。」


お世辞かも知れないが、顔をクシャっと笑顔にして喜んでくれる駿を見ると、私も嬉しくなる。

ただ、嬉しく幸せと思う反面、不安も頭を過った。


…私、駿を好きになってしまうかも知れない。どうしよう。
しかし、それは絶対にあってはならない事だ。