電子書籍用に改稿したものです!
(出版社様の事情により発売停止となりましたので、こちらで載せます!……元の作品がランキングに載ったので、せっかくなら直してあるものを読んでいただきたいと思っております。)


丸々一章追加と、修正しておりますのでこちらでもお楽しみください。(初めの方は誤字修正のみなので、同じ部分もあります。)


◇ ◇ ◇

「私と結婚してください」



突然言われたその言葉に、私の頭はついて行かない。


その相手が、たとえ社交界で有名な誰もが憧れる人だとしてもーー。


こんなこと、現実で起こらなくても妄想や夢の話で十分だ。



それに、彼と結婚なんてしたら面倒な社交場に出なくては行けないし、公爵家の婚約者としてお茶会も開かないといけない。


私のお茶会は仲のいい人と個人的に楽しめればそれでいい。


それに、嫉妬や妬みに晒されるなんて耐えられない。

そんなのごめんだ。



なので、私の答えは初めから決まっている。



「大変光栄なお話ですが……そのお話、お断りさせていただきますわ」


私はこれからも好きなことが出来れば、それだけで満足なのだから。


◇◇◇


紅茶とお菓子と仕事が大好きなハイド伯爵家の令嬢

シェリル・ハイド 21歳


×


王都騎士団のクールな副団長、公爵家次期当主

エドアルド・チェスター 25歳


◇◇◇



「私には……、差し入れの紅茶はないのですか?」


「ふふっ……今度お茶会した時に新しい物をお入れしますね。特別にシフォンケーキもつけますよ!え、エド様――?」



クールなはずの彼は、不器用でときどき私をドキッとさせる。



「エドアルド様ーーっ!?」



どうしてそんなに、私の心をかき乱すのですか?


クールで不器用な副団長×ちょっと変わった令嬢のラブファンタジー

◇ ◇ ◇

ランキング

*ベリカフェ
総合 17位(2022.01.17)
ファンタジー 2位(2022.01.16)

*野いちご
総合 85位(2022.01.17)
ファンタジー 2位(2022.01.14)

あらすじ

紅茶とお菓子が大好きな伯爵令嬢、シェリルのもとに突然結婚の話が舞い込んできた。相手は、社交界で誰もが憧れる騎士団副団長のエドアルド。
結婚にまったく興味がなかったシェリルはキッパリ断ったが、エドアルドはお茶会を口実に会いに来るようになる。
「私には……、差し入れの紅茶はないのですか?」
シェリルは絶対に好きななんてならない、そう思っていたのに惹かれる心は止められなくて――。

この作品のキーワード
ファンタジー  貴族  冷徹騎士  副団長  騎士団  ラブコメ  甘々  お茶会  溺愛  ヒストリカル